In 勉強

【リーダブルコード】1章のまとめ

最近、書くことがないので、

【リーダブルコード】を読んで、

理解した内容を書いていこうと思います。

週1で1章づつ更新していきます。

 

リーダブルコードとは

調べると圧倒的名著と出てきます。

プログラマがより良いコードを書く為に、

読んだ方が良い、バイブル的な本らしいです。

 

コーディングを行う上で、

身に付けた方が良い習慣やコツ、

解り易いコードとはどんなコードか、

と言った内容が書いてあるようです。

 

1章_理解しやすいコード

ズバリ一章のまとめは

【理解しやすいコードを書こう】

これに尽きます。笑

 

理解しやすいコードの定義は、

自分以外が見た時に、瞬時に理解できること。

 

どんなに、処理の効率が優れたコードでも

理解するのに時間が掛かる物は、良くないですよーと。

 

コードを理解する時間は、

設計、製造、テスト、運用・保守など

連なる他工程においても影響を及ぼしますよね。

 

その為、

【理解しやすいコードを書こう】

これに尽きるのです。

 

感想

自分のコードを主観ではなく、客観的に分析しよう!

コードレビューを行う際も理解しやすい事が

重要事項なんだなと思いました。

 

でも、理解しやすいコードって

どんなコードだよと。

 

必ずしもコードが短い方が良いというわけでは無く、

長くても理解しやすいコードが良いようです。

冗長に書けというわけでも無いんですけどね。

 

とまあ、以上3ページ分の内容でした。笑

 

 

,